Canon EOS-1D MarkⅢ修理可能メニュー

メーカーサポート終了機種ではございますが

EOS-1D MarkⅢのメーカーサポートは終了してしまいましたが、全く修理が出来ないわけではありません。私たちに出来る事と、出来ない事をまとめてみました。


ヒガサカメラサービスで修理可能なメニュー

 

○まずは、出来る事から!

① センサー清掃
  *基本中の基本ですが可能です。センサーに写りこんだゴミは可能な限り清掃除去いたします


② フランジバック調整
  *イメージセンサーの傾きを分解調整し、ビシッと真っ直ぐに仕上げます


③ シャッターボタンが押しにくい、切れにくい
  *解決できる可能性大です


④ 「エラー99」が表示され撮影できない
  *シャッター交換で直る可能性大です


⑤ 上部ダイヤルが滑って表示切替が出来ない
  *直る可能性大です


⑥ シャッター耐久関連部品交換
  *いわゆる耐久交換はまだまだ大丈夫!


ヒガサカメラサービスでも修理不可能なメニュー

 

●次のメニューは修理が出来ません・・・

Ⅰ CFカードスロットのピンが折れてしまった/読み込まない
  *きちんと直すには部品交換が必要なので、不可能です(TT)


Ⅱ 液晶表示がダメな感じになってしまった
  *交換部品在庫がありません(TT)


Ⅲ 急に電源が入らなくなってしまった
  *交換部品在庫がありません(TT)


Ⅳ センサーに傷をつけてしまった
  *交換部品在庫がありません(TT)


出来る事も出来ない事も、判明次第更新します

 

とりあえず現状はこのような感じで。今後色々試みつつ、随時情報を更新していこうと思います。ここに書かれている内容は最大公約数的なものなので、ひょっとすると何とかなる事が今後起こりうる「かも」しれませんが。。。それも時の運、という事で思い立ったら一度ご相談ください。



●●● お問合せはこちらから ●●●

ページのトップへ戻る