特殊修理

H.C.S. Zero-Custom (ゼロ・カスタム)


カメラマンにとって永遠の課題。それは「究極のピント」ではないでしょうか。
勿論、既製品でもコンピューター制御により十分Canonの規格を満たすピント精度を手に入れる事は可能です。


しかし、ヒガサカメラサービスは考えました。


「Canonの規格を満たすことは当然として、どこまで究極に迫る事が出来るだろうか」


そしてこの問いへの回答こそが、ヒガサカメラがマニアックなまでにピント精度を追求した

「H.C.S. Zero-Custom(ゼロ・カスタム)」

なのです。


従来型の「ベストピント調整」とは

 

冒頭にも書いていますが、現代のカメラはコンピューター制御によりレンズやイメージセンサーの微細な傾きを修整し平面を算出・表現する能力を備えています。傾きと言っても1000分のウンミリ以下と言う薄紙未満の世界の話です。

イメージとしてはメガネをかけて、左右の視力を均一にするというのが近いかもしれません。

調整は上下左右の傾き補正に加え、前後位置もぴったり合うよう念入りに行います。

↑赤い「0㎝」のターゲットを目指してAF(オートフォーカス)を作動した時の焦点調整模式図

  ○赤い「0㎝」にピントが合った場合
   →前後位置の性能が完璧。

  ×青い「+10㎝」にピントが合ってしまった場合
   →「後ピン」なので焦点が手前に来るよう調整。

  ×黄色い「-10㎝」にピントが合ってしまった場合
   →「前ピン」なので焦点が後ろに行くよう調整。



これが、「ベストピント」や「ジャストピント」と呼ばれる調整です。



従来型の「ベストピント調整」との違い


上記「ベストピント調整」はCanonの純正調整ですので、そこに何らかの問題があるわけではありません。

ここからは、どちらかと言えばこだわりの世界です。

上の例で、僅かな傾きの補正をメガネに例えました。メガネをかければ視界スッキリ、不自由はありません。しかし、もしメガネを外した状態=裸眼を治せる技術があったとしたらどうでしょう?ヒガサカメラは、ここにこだわってみました。


◆ピントに関わるマニアックなまでの調整項目

① カメラ本体のフランジバック調整
  ・イメージセンサーの位置を究極の場所(±0㎝)にセットする事で完璧な焦点距離に調整
  ・イメージセンサーの傾きを0°(レンズに対して完全な平面)に調整



② レンズの光軸精度調整

  ・レンズ光軸を中心に調整



  ・上下左右の片ボケが無い状態に調整


③ カメラとレンズの組み合わせによる更にシビアなピント調整
  ・①と②をクリアしたボディ/レンズの組み合わせにて、更にAFピント位置着地点を0㎝に調整
  ・上下左右の片ボケも一切許しません
   *理論値では既に精度が出ていますので、確認的な意味合いですがとことんこだわります

カメラのメカニックとして考えうる「究極のピント」をこのように実現致します。そして、当然究極の情報を受け取るイメージセンサーもばっちりクリーニング。
ボディ、レンズの外観簡易清掃を終え、臨戦態勢の整った状態で「Zero-Custom」をお渡しさせていただきます。



「Zero Custom」のご予算と納期目安

Zero Customの技術料はカメラ・レンズとも「普通修理」のカテゴリー代金を頂戴しております。
*メーカー標準価格に準じますので、弊社料金表の価格とは異なります。
*部品交換が必要な場合はその分の金額が加算されます。
*詳しくはメール・お電話にてお問い合わせください。

*納期につきましてはお預かりから1週間から10日間が基準になりますが、組み合わせる台数/本数により前後する場合がございます。

●●● お申し込みはこちらから ●●●
ページのトップへ戻る