特殊修理

EOS-1D MarkⅡを、蘇らせてみる

EOS-1D markⅡは2014年にパーツ供給が終了したため、原則修理受付を終了いたしました。しかし、その後も修理の問い合わせは絶えません。

一時代を築いた名機に愛着を持たれているお客様は多く、「何とかご要望にお応えしたい!」という思いから、いくつかの条件をクリアする事で

「エラーが表示されてシャッターが切れない」

という症状からEOS-1D MarkⅡが蘇る可能性を見出すことに成功しました。

第1の条件

お手持ちのEOS-1D MarkⅡが蘇るための、第1の条件



”シャッターが壊れていない事”



部品交換が必要な修理はお受けする事が出来ない為、この条件は必須になります。シャッターのチェックは、次の手順で行ってください。


① ボディキャップを外します

② ミラーをプラ製のピンセットなどで上に動かします
③ シャッターが綺麗に整っていれば第1段階クリアです
③ シャッターが壊れていたら、残念ながら修理不能です
④ シャッターはここで見える分が全てではないので、③で綺麗に見えたからと言って油断はできません。このページを読まれている方は「エラー○○」が表示されてシャッターが切れない、という症状に遭われた方が殆どであるという前提のもと、本体外の情報を1つご確認いただきます。


第2の条件

お手持ちのEOS-1D MarkⅡが蘇るための、第2の条件



”最後に撮影された写真に、何の問題もない事”



パッと見綺麗なシャッターでも、破損していればその形跡は写真に残ります。シャッターが切れなくなる前に撮られた最後の写真に、白い線などが入っていないかご確認ください。

入っていれば。。。残念ながらシャッターが壊れているため、修理をお受けする事が出来ません。

入っていなければ。。。蘇る可能性が高まってきました。第2段階クリアです。

最後の条件

お手持ちのEOS-1D MarkⅡが蘇るための、最後の条件



”シャッター操作以外は、作動正常であること”



エラーに至る流れと、その後の症状を追ってみます。

① 液晶表示なども含め、特に異常が見られない状態で撮影に臨む
② ピントも合わせ、後はシャッターを切るばかりになる
③ シャッターを押し込む
④ ミラーがアップせず、エラーが表示される
⑤ もう一度軽くシャッターを押すと、表示が復旧する

以降、①~⑤が延々繰り返される

といった状態がまさに発生しているとすれば、最後の条件を満たしたことになります。修理で直る可能性が非常に高い機体です!

以上、いくつかの条件を挙げさせていただきましたがこれが全てではありません。この条件を満たしても直らない場合もあり得ますし、逆に該当しなくても直る可能性もあり得ます。

私どもに出来る事はとことんやらせていただきますので、ダメもと結構。是非、お問い合わせください。お待ちしています!

●●● お問い合わせ・お申し込みはこちらから ●●●
ページのトップへ戻る